オカッパリから考えるリールカスタム ABU編

こんにちはビックリマーク

 

最近いろいろな方のブログやSNSの投稿を見て思ったのですが・・・・・

 

意外とオカッパリでリールをカスタムしている人が少ないあせるあせる

 

ボートで釣りをしている人だと結構多いような気がするんですけどね・・・・・・・・

 

と、ここで私は、

 

“オカッパリアングラーのニーズに答えられるカスタムパーツが無い”
もしくは
“あっても知らないのでは!?

 

ということを思いつきました。

 

ってことで今回は、スタッフ長尾的オカッパリ用リールカスタムの勧めでございますおねがい

 

まず、オカッパリにおいて重要なリールの条件(1本で何でもやる場合)

 

①遠投できる
②バックラッシュしない(しにくい)
③守備範囲が広い(理想は3.5gのスモラバ~1/2ozクラスのハードベイト)
④11lb~13lbまでのラインが60m~50m前後巻けること
⑤多少無理がきく

 

以上の5つがオカッパリでは重要な条件だと考えています。
この5つの条件を踏まえて私がたどり着いたリールは・・・・・・・・・

 

愛用のRevo LTです!!

 

スプール径33mm
アルミフレームでブラスギア
純正スプールでだいたい11lbが60m~70mくらい巻ける
マグネットを好みの物に変更しやすい(ブレーキ設定の幅広さ)

 

この特徴、オカッパリのかゆいところにめっちゃ手が届きますグラサン

 

例えば・・・・・・・・・・・・・・

 

ノーシンカーで対岸のカバーのデカバスを釣りたい・・・・・・・・・

できるんです!!

 

1/2ozのバイブレーションで深場のバスを釣りたい・・・・・・・・・・

できるんです!!

 

はたまた7グラムダウンショットでのサイトフィッシング・・・・・・・・・・・

できちゃうんです!!

 

ここまでの釣りは、全部ノーマルスプールでこなしてしまうほど守備範囲は広いですあせる

 

じゃあカスタムする必要ないやんと思う方・・・・・・・

 

条件であげていた、3.5gスモラバ~1/2ozのハードルアーという守備範囲は、
純正スプールだと満タンにラインを巻くので結構しんどいです汗

 

ここでカスタムスプールに変更すると、
ほぼ同じラインキャパシティーでルアーの上限は同じなのに、
3.5gスモラバが快適に扱えるようになるんですドンッドンッ

 

ってことは・・・・・・・・・・・

 

より正確なアプローチができ、ミスキャストの回数も減る!!

 

正確なアプローチができれば口を使う魚が増えるんですアップアップ
自然と釣果アップに繋がりますグラサン

 

そして、よく言われる飛距離についてですが、軽い物に関しては、確実に飛距離が伸びます音譜

 

重いものは、そこまで変化はありませんが、
同じルアーを40m飛ばそうとした時に、今までの2/3くらいの力で飛ばせます音譜

 

軽い力で飛ばせるとどうなるのかというと、1日中釣りをしていて圧倒的に疲れません口笛

 

スプールを変えるだけで、
これだけ多くのメリットが生まれてくるのが、カスタムパーツのいいところ!!

 

この記事を読んだオカッパリバサーの方、ぜひ一度リールカスタムを試してみてくださいにひひにひひ
最後に、私が一本だけ持っていくとしたらこんなタックルで挑みます。

ロッド:キラーヒート ストラーダ ゴールドモデル
  KS-WF66MX ソリッドティップチューン
リール:Revo LT Availチューン RVLTX32RR
                 HO-AB-STA 90mm
                 ウッド平ノブ サントスローズウッド
ライン:フロロカーボン11lb~13lb

 

上記タックルを参考に自分に合ったタックルセレクトをしてみてください!!

 

ちなみに写真の魚、すべて同じリール、同じ竿、同じラインを使って仕留めましたドンッ

 

次回はシマノ編!!
きっとスタッフ松尾が記事をアップしてくれるはず・・・・・・・・・

 

シマノユーザーの方は少々お待ちくださいしょぼんしょぼん

 

担当:長尾